スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Date: --.--.--
Category: スポンサー広告

春原未来 『催眠調教エピソードZERO~女を狂わす淫薬実験』

今月20日、ORGA「ミステリア」レーベルから春原未来さん主演作品『催眠調教エピソードZERO~女を狂わす淫薬実験』がリリースされました。

これでORGAからの主演作品は通算5本目、ドラマ物主体のレーベルだけに演技力が求められるのはもちろんですが、これだけ主演作品が定期的にリリースされるところを見ると、セールスも好調のようで嬉しい限りです。

どうして、セールスが好調なのか?、それはさまざまな要因があると思いますが、「特典映像」ラストで未来さんが話されている言葉にその鍵が隠されているように思います。

「こまかく演出お願いします」

この言葉の真意については、あとで推測していきます。

メーカー公式HPにある作品紹介。

>>父親が開発し封印していた薬を完成させた春原未来。その薬は人間の感情をコントロールする物だった。成果を横取りしようとする一条は、未来に無理やり投薬して人体実験を行う。自分の意思と関係なく一条の命令に従ってしまう未来の肉体。屈辱に涙を流しながら何度もイってしまう。

今回の作品では、淫薬といっても一種類ではなく、三種類の淫薬があり、未来さん自身もその薬の効果に合わせてバリエーションを変えながら演じてくれていて、見ていて飽きないばかりか、その演技の幅広さには驚かされます。

演技、AVなのでやはり楽しみなのはセックスシーン、今まで数多くのAVを見てきましたが、未来さんの本気度、そして持っているものすべてを「さらけ出す」、だからこそ圧倒されるまばゆいばかりに輝きくオーラ。

どのシーンも強烈にエロいです。

ドラマ世界の設定もプラス要因ですが、とにかく「AV女優 春原未来」のエロさはデビュー四年目(そろそろ五年目になりますが)にして、常に新鮮な感動があって、想像をいい意味で裏切る意外性があって、そしてシンプルに、抜群にエロい。

だからこそ、単独主演作品の出演オファーが多方面から続いているのだと思います。

オープニングからすぐの一番最初のエロシーンが充実しまくりで、天使のハンマーで頭を叩かれたような衝撃度。

木の椅子に座らされ、真っ赤な革製の手錠で両手の自由を奪われた未来さん。

収録時間、実に20分以上(!)、開脚したまま、淫薬の罠にはまり、バイブで性感帯を刺激され悶絶しまくるシーンの神がかったエロさ。

20分過ぎ、口の中に入れられるバイブ、この時、顔のアップになりますが汗の量が半端ないです。

本気度の表れというか、全身が興奮状態、精神も昂っている様子が、まさしく体当たりの演技(演技であると同時にリアルな生体反応)として、見ている側も最高に興奮してきます。

特にローアングルからのカメラがエロさの演出に拍車をかけています。

同時に、未来さんの気持ちいいほどのやられっぷり・・・、これがまさしくAVの醍醐味そのもので、自分の唾液がたっぷりついたバイブをずっぽりオマンコの中に挿入されたままクリトリスも刺激され、狂乱状態。

この「気持ちいいほどのやられっぷり」、未来さんの凌辱に近いやられっぷりの表情が言葉を失うほどのインパクトです。

ORGAの魅力はドラマ性もさることながら、決して長尺ではなく、濃厚なエロスを矢継ぎ早にテンポ良く挿入してくる構成力です。

ベッドでの正統派オナニー(真っ直ぐに足を延ばし両手でクリトリス刺激)もその典型で、過激ではないものの、ドラマのひとつのパートとして説得力があり、シンプルにエロいのがたまらないのです。

また、オナニーシーンでは、春原式(?)うつぶせオナニーも堪能することができます。

未来さんのドラマシーンも早送りせず、ひとつひとつ楽しんで欲しいと思います。

「目は口ほどに物を言い」と言いますが、そっと目の動きで心情の移ろいを的確に表現する未来さんの演技力、その素養の高さとナチュラルな表現力はAV業界随一だと思います。

この後、大きく分けて二つのエロシーンがありますが、どちらも早送りの必要性ゼロ、重箱の隅をさらに突きたくなるような、呼吸することすら忘れてしまいそうになるエロさです。

ボキャブラリーの豊富さもさすがで、台本(脚本)にあるのかどうか不明ですが、次から次へと刺激的な言葉が大辞泉のようにあふれてきます。

また57分過ぎ、フェラしながら、右手でクリトリスを刺激しまくるシーンは見逃せません。

ORGA作品の魅力は特典映像ですが、本作品ではいつも通り、パッケージ撮影の様子が収録されています。

凛としたたたずまい、透き通るような美しさ、時折見せる愛くるしい稚児のような笑顔、どれもが心をわし掴みにして離しません。

2時間22分48秒、ここで見せる未来さんのVサインと笑顔が最高にかわいいです。

20150518-IMG_3247.jpg

特典映像のラスト、未来さんが話した言葉。

「こまかく演出お願いします」

この言葉が印象に残ります。

それは女優一人に丸投げしない、「チーム」での作品作り、演者として、「チーム」でひとつの納得いく作品を作りたいという思い。

AVだから、ただセックスを見せればいいというのではなく、監督や製作スタッフが自分に何を求めているのか?、どうすれば思い描く世界観を忠実に再現できるのか?、しっかり演者として「形」にしたいという思いが伝わってきて、胸を打ちます。

ひとつの「作品」として、一人でも多くの方に、この作品を見て欲しいと心から思える会心作です。
スポンサーサイト
Date: 2015.10.29
Category: AVレビュー
最新記事
ブログ過去記事検索
カテゴリ
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
QRコード
QR
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

肥満のメカニズム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。