スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Date: --.--.--
Category: スポンサー広告

春原未来AV作品BEST20

※18禁の成人指定内容になります。記事タイトルをクリックしますと続きの記事が表示されます。
 

2012年1月のデビューから今日までにリリースされた作品の中から、私が見てきた作品のベスト20をまとめてみました。

1位 「上司とゴックン飲みニケーション」
(ムーディーズ・2012年12月1日リリース)
・文句なしの最高傑作。コメディータッチ、酔っ払った未来さんのエロかわいい演技に胸キュン。

2位 「完全ノーカット真性中出し」
(ムーディーズ・2013年9月13日リリース)
・中出しされた精子を指で取り出して舐めるシーンのエロさは神のみぞ知る世界。

3位 「100人斬り ついでに30発も大量ゴックンしちゃいました! 」
(アイディアポケット・2014年2月19日リリース)
・階段を昇りながら抜き倒していくことでレベルアップしていくドラゴンクエスト春原。

4位 「汗と愛液。繰り返す絶頂。」
(TEPPAN・2014年8月1日リリース)
・パッケージ最強、挿入されたまま自分の手でクリを刺激する春原式セックス堪能。

5位 「新人!kawaii*専属デビュ→spring has come♪」
(kawaii・2012年1月25日リリース)
・「季節の春に、原っぱの原」、四つん這いでしみけん相手に見せた上目づかいのフェラが新人離れ。

6位 「丸呑み!8 咽喉性感の女」
(S.P.C・2013年8月14日リリース)
・「私、自己申告制がいいです!」という名言だけで何回でも抜ける。

7位 「憧れのスチュワーデスと性交」
(ドリームチケット・2012年8月10日リリース)
・専属卒業後企画単体第一号作品、ウルウルした瞳で悶えまくる姿がエロカワMAX。

8位 「美人でツンとした図書館司書を催淫ハーブで発情させてマシンバイブで犯しまくる!」
(サディスティックヴィレッジ・2014年2月6日リリース)
・ブッ壊れ春原決定版、抱きかかえられての逆立ちフェラはウルトラレア。

9位 「人妻性奴隷 美人若妻メス犬調教日誌」
(ORGA・2015年3月13日リリース)
・ドラマ性、演技力をたっぷり楽しみつつ鏡の前でのM字開脚で興奮度は最高潮に。


10位 「オナニーパラノイア」

(DOGMA・2014年1月19日リリース)
・オナニーマエストロ春原未来の決定版、鏡に向かってのS&M、一人二役はこの作品でしか見られない。

11位 「ごっくんの女神さま 240分特別版」
(WAAP・2014年4月11日リリース)
・猫耳姿の未来さんが超絶かわいい、ラストのインタビューは涙なしには語れない。

12位 「受付嬢in・・・脅迫スイートルーム」
(ドリームチケット・2012年10月19日リリース)
・張り詰めた緊張感、撮影前の緊張が半端なかったと未来さん自身が語る凌辱系傑作AV。

13位 「鬼フェラ地獄 XIV」
(KMP・2013年12月13日リリース)
・明るく楽しく激しく、王道春原式フェラのフルコース、精子の口移しがエロい。

14位 「淫交剥き出しレズセックス狂い!! 」
(MARRION・2014年10月30日リリース)
・上原花恋さんに身体中刺激されまくり、体液たっぷりに泣き悶える姿が強烈。

15位 「息子の大きすぎるチ〇ポが気になって・・・」
(ABC妄想族・2015年3月1日リリース)
・右手で右乳首、同時につばたっぷりの左手でクリをいじくりながらの春原式騎乗位は必見。

16位 「春原未来のソープしちゃうぞ」
(クリスタル映像・2013年3月8日リリース)
・献身的に尽くしながらカメラ目線で甘えまくるソープ嬢のサービス精神に一発KO。

17位 「性交覚醒 ヘンタイになり過ぎてごめんね・・・」
(h.m.p・2013年1月1日リリース)
・ジャケット最高、発売当時youtubeでも公開されたファンへのメッセージが話題に。

18位 「催眠洗脳淫語 孕ませ中出し女教師」
(V&R・2014年9月12日リリース)
・トリップ状態でひたすら快楽のみを求め続ける未来さんの狂ったエクスタシーが最高。

19位 「潜入捜査官イラマチオ陥落」
(CORE・2014年11月1日リリース)
・ここまでやって大丈夫なの・・・?と心配しつつ勃起してしまう自分を呪いたくなる。

20位 「淫語変態女子プロレズ」
(ROCKET・2014年12月20日リリース)
・おバカAVと侮ることなかれ、未来さんのエンターテイナーぶりが炸裂したファイティングAV。

以上、私が見てきた中でのBEST20になりますが、年別に見てみると

2012年 4作品
2013年 5作品
2014年 9作品
2015年 2作品

という結果になりました。

AVというのは、新陳代謝が激しく、1位の「上司とゴックン飲みニケーション」についても新作DVDで在庫している販売店はまずないと思われます。

もしこれから未来さんの作品を見ようと思っている方の、参考になれば幸いです。

現在、未来さんのインタビューが掲載された雑誌についてもリスト化を進めています。

最期に、残念ながら亡くなられてしまいましたが、もし今、井田真木子さんがご存命でしたら、ぜひ井田さんに未来さんのドキュメンタリーを書いて欲しかったと昔から思っています。

また、本橋信宏さんに、未来さんへのインタビューを行ってもらい、ひとつの読ませるドキュメンタリーにしてくれたら最高です。
スポンサーサイト
Date: 2015.03.31
Category: AVレビュー
Comments (0)Trackbacks (0)

この記事へのコメント:


管理人のみ通知 :

トラックバック:


最新記事
ブログ過去記事検索
カテゴリ
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
QRコード
QR
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

肥満のメカニズム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。