スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Date: --.--.--
Category: スポンサー広告

芳文社のステマー・エンジェル時田光が暗躍! 『解体屋ゲン』第531話・人工知能の相棒(前編)に横山了一X加藤マユミ先生の「飯田橋のふたばちゃん」キャラクターが乱入出演の快挙!

芳文社『週刊漫画Times』のシャイニングスター・時田光が本日発売号で、粋なプレゼントを読者に贈ってくれた。

20130524-1.jpg

時田光の得意技と言えば自作自演、マッチポンプがすぐに思いつくところだが、やはり最大の魅力は、ステマー・エンジェルとしての広報・宣伝活動だろう。

住菱建設技術研究所が開発した次世代ロボット「ボコア」、人工知能を持った対話型ロボットなのだが、相変わらず原作者の星野茂樹先生はこうした造語作りの天才だ。

「ボコア」というのは、Voice Communication Android の頭文字を取った略語。

早速、ゲンは内田女史の依頼で、ボコアと行動を共にすることになる。

今週、面白かったのが、ボコアをヘルメットの上に乗せたゲンを見て大笑いのトシ、光、ヒデの笑い方!

ワハハハ アハハハ に始まり、時田光に至っては、ウヒャヒャヒャと一体どこから声を出しているのか?と思う程の大笑い。

20130524-2.jpg

20130524-3.jpg


まさに破顔一笑といった感じのトシの表情はレア、なかなか見られるものではないだろう。

そんな中、ステマー・エンジェル、時田光は読者に粋なプレゼントを用意していた。

廃棄物処理場に向かうゲンたちの前に突如現れた女子高生軍団!・・・どこかで見た顔ぶれなのだが・・・

原作:横山了一先生、作画:加藤マユミ先生による夫婦合作マンガ『飯田橋のふたばちゃん』レギュラーキャラクターが大挙して『解体屋ゲン』ワールドに乱入という快挙!

20130524-4.jpg

20130524-5.jpg


※『飯田橋のふたばちゃん』は双葉社運営のWEBマンガページ「WEBコミックアクション」にて無料で読むことが出来ます。また6月28日には待望の初単行本発売が決定しております。

これまで、『飯田橋のふたばちゃん』にゲンさんたちが何回か出張出演していましたので、これで「世界がつながった」ことになると思います。(笑)

つまりゲンさんの世界とふたばちゃんの世界がつながっていて、これは時田光なりの粋な恩返しなのでしょう。

しかしながら、ストーリーは意外な展開を見せ、何とトンネル落盤事故という、緊急事態が発生!

ひとつの物語、20ページの中に、これでもかと情報量を詰め込みながらも、息苦しさはなく、サクサク楽しめるのが星野茂樹先生のシナリオの魅力。

『飯田橋のふたばちゃん』の次回出演があるのか?なにのか?、とにもかくにも金曜日最大のお楽しみは『解体屋ゲン』、これは揺るぎない真実です。
スポンサーサイト
Date: 2013.05.24
Category: 解体屋ゲン
Comments (0)Trackbacks (0)

この記事へのコメント:


管理人のみ通知 :

トラックバック:


最新記事
ブログ過去記事検索
カテゴリ
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
QRコード
QR
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

肥満のメカニズム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。