スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Date: --.--.--
Category: スポンサー広告

風来坊のペンキ職人・中村巻人が今、語りかけること 『解体屋ゲン』 第523話 アリとキリギリス 感想

今週の第523話「アリとキリギリス」は、ゲンとトシのかつての仕事仲間、中村巻人という人物の風来坊な再登場を通して、職人として生きることの理想と現実を見つめ直す星野先生らしい読み切り回。

20130329-1-1.jpg

ゲンの仕事現場に突如現れた懐かしい顔、ゲンの言葉によると、どうやら塗装、ペンキ塗りの職人らしく、腕前も上々のようだ。

その中村がゲンに日払いの仕事を探していると話すところから物語は始まる。

イソップ童話「アリとキリギリス」、この童話の解釈は国によって様々なようだが、一般的な解釈としては、アリ=真夏に汗を流してコツコツと働き、冬を過ごす準備を整えた計画的な生き方、キリギリス=暑い昼間は涼しい場所で寝て過ごし、夜になると楽しくバイオリンを奏でる自由気ままな生き方、といったところだろう。

中村との再会を喜んだゲンに対して、トシはいまいち気が乗らない様子。

しかしながら、今『解体屋ゲン』でもっともエネルギッシュな男がこのトシだと思う。

一時は「行方不明説」「作者に嫌われた説」が流れていたものの、年明け以降、すっかり主役を奪う程の存在感を見せ始め、今週もエネルギッシュな姿を随所で見せていて頼もしい。

トシの元気な朝の挨拶は、どんな栄養ドリンクよりも効果抜群。

オィーッス!!

20130329-2.jpg

工事現場に現れたヤクザ風の男二人には、凄味を見せつけ、まさに悪霊退散といった迫力。

20130329-3.jpg

アリとキリギリスに関するゲンの解釈、認識が面白い。

ゲン、トシ=アリ

中村=キリギリス


今週の第523話を読み終えて思ったこと、それは働く者ならば誰もが、心の底では、キリギリスに対する「憧れ」を持っているのではないだろうか?ということ。

毎日決まった時間に出社し、決まった仕事を行い、決まった金額の給料を、決まった日にちにもらう、これは当たり前のようで、すごく幸せなことだと思う。

しかし、ふと思う、自分に特殊な才能が有れば別の生き方をしてみたい・・・と。

キリギリスの楽器演奏、これもひとつの才能だと思うし、この才能が収入に直結するならば、最高だと思う。

けれど現実を見れば、「特殊な才能」がある人などまずいない、まして「特殊な才能」で生活が成り立っている人などは、奇跡と言ってもいいぐらいの確率だろうと思う。

だからこそ誰もが、アリのように地味な生活を送ることになる、キリギリスへの憧れを胸の奥にしまいながら。

ヤクザ風の男二人に追われている中村、確かにペンキ職人のとしての腕は最高なのだが、五友爆破の従業員全体のことを考えるならば、十分に危険な存在と言えるし、危害が及ぶことも考えられる、トシの判断は非情なようで、極めて現実的だと思う。

興味深いのは中村のセリフ、この二つのセリフが心に残った。

「穏やかな暮らし、平凡な毎日・・・俺だってそんな風に生きたかった」

20130329-4.jpg

これはキリギリスから見たアリへの「憧れ」だろう、この視点は斬新だと思う。

そして、中村の覚悟とも思える、この強烈なセリフ、この自信はどこから来るのだろうか?とさえ思えてしまう。

「今は借金まみれで体はボロボロでも いつかは俺にも運が向いてきて・・・なにもかも全部うまくいくさ!」

20130329-5.jpg

冒頭で「星野先生らしい読み切り回」と書いた、その意味は、「あえて最終的な答えは提示しない、それは読者個人に委ねる」ということであると思っているし、「最終的な答え」は読者ひとりひとり違って当たり前という星野先生が反映された構成だと思う。

最後に、生きていくうえで最強なのは、「キリギリスでありながらアリにもなれる人」だと思う。

強烈な才能を持ちながら、自由気ままに、その才能を生かしながら、驚異の持続性を見せることができる、パフォーマンスを維持できる、まさに「キリギリス+アリ」こそ最強なのだが・・・

ふと、気付いた。

星野先生、石井先生こそ「キリギリス+アリ」なのではないだろうか?

石井先生は現在、月刊誌2誌のレギュラーも含めると、月産130枚体制(!)という鉄人ぶりだし、サンマルクの帝王こと星野先生も、読者アンケート人気1位を十年以上にわたって維持させている希代のストーリーテラーである。

「アリとキリギリス」、一人の労働者として、自分はどういう立ち位置にいるのか改めて見つめなおす回になったと思います。
スポンサーサイト
Date: 2013.03.29
Category: 解体屋ゲン
Comments (0)Trackbacks (0)

この記事へのコメント:


管理人のみ通知 :

トラックバック:


最新記事
ブログ過去記事検索
カテゴリ
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
QRコード
QR
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

肥満のメカニズム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。