スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Date: --.--.--
Category: スポンサー広告

“ウルトラレア”な近藤敏行のガッツポーズに大注目! 『解体屋ゲン』 第509話 さくら商店街カレー戦争(中編) 感想

さくら商店街カレー戦争は新たな局面を迎えた。

今週の第509話では、いよいよ花田のカレー専門店オープンに向けて、久米だけではなく五友爆破も全面協力で動き始めた。

20121215-3.jpg

ここで明かされたのが、カレーのスペシャリストである久米の「スパイス一番」時代の哀しい過去。

カレーの命は多種多様な香辛料、スパイスから成るルウにあるのだが、その開発を担当していたのが久米、ところが多店舗展開に伴う原価率低減を会社側から求められ苦悩、不幸は重なるもので、そのまま腱鞘炎も患ってしまい第一線から退くことになったという。

このあたりの苦労談は「包丁人味平」に出てきた鼻田香作もこのように語っていた。

20121215-5.jpg

数千種類の香辛料、スパイスからカレールウを作り上げていく苦悩・・・過酷で孤独な作業だ。

そしてもう一つ、肝心なのが新店オープンに向けたリフォーム、不思議なことにトシこと近藤敏行が今週は見ていて気持ちがハイになってしまう程、上機嫌でノリノリであった。

妻である小雪のアシストにもなるという気持ちからなのだろうか、バール片手にガッツポーズ!

20121215-1.jpg

「とある女性同人作家」のためだけに描かれた1コマではないだろうか?・・・そんな「癒着」すら疑いたくなるようなトシ渾身のガッツポーズ。

詳細な事実関係は不明だが、この「とある女性同人作家」が高円寺駅近くの焼肉屋で原作者の真横に座り、トシの出演頻度を大幅に上げるように直談判(というか脅迫)していたというから恐ろしい、どうやら現実と仮想の区別がつかなくなってしまったらしい。

さてリフォーム費用300万円(!)の花田を助けるべくゲンが頼りにしたのが、元土木作業員のゴンこと笹原権二。

「袖の下」をゲンに求めるあたりが憎たらしいのだが、この男のネットワークは頼りになりそうだ。

20121215-2.jpg

必要最低限の設備さえ揃えば、内装リフォーム等はさくら商店街からのバックアップを受けることも可能だと思う。

最悪「出世払い」で頼むしかないかもしれない。

今週久々にゲンさんらしいエネルギーに満ち溢れた爆発力のるカットが見られたのも嬉しかった。

20121215-4.jpg

来週の第510話で、いったい久米はどんなカレーメニューを提案してくるのか?・・・「スパイス一番」の手の内を知っているだけに、おそらく何らかのオンリーワンで仕掛けてくることになると思う。

もしかしたら宇月村直送の新鮮な野菜をたっぷり使ったカレーかもしれない。

来週の金曜日、思いっきり腹を空かせて楽しみに待ちたいと思います。
スポンサーサイト
Date: 2012.12.15
Category: 解体屋ゲン
Comments (0)Trackbacks (0)

この記事へのコメント:


管理人のみ通知 :

トラックバック:


最新記事
ブログ過去記事検索
カテゴリ
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
QRコード
QR
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

肥満のメカニズム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。