スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Date: --.--.--
Category: スポンサー広告

「包丁人味平」の“カレー将軍”こと鼻田香作が現代に蘇る! 「解体屋ゲン」 第508話 さくら商店街カレー戦争(前編) 感想

twitter上で飛び交った未確認情報に激震が走った、マンガ原作者・星野茂樹先生「二代目・牛次郎」襲名へというニュースソース不明な未確認情報、結果的に悪質な“デマ”であったのだが、「解体屋ゲン」第508話は建設コンサルタント・野島秀美が事務所を構えるさくら商店街に新しくカレー専門店がオープンするというストーリー。

20121208-1.jpg

さくら商店街にとっては久々の明るい話題、北口商店街にある「スパイス一番」は、住菱フードシステムズが運営するチェーン店。

インドで修行し、世界中の香辛料に精通した男がオープンさせるというカレー専門店は一体どんなお店なのか?どんなカレーライスを提供するのか?

「爆破解体」からは遠く離れた、原作者お得意の野島秀美関連の「地域再生・町おこし」ネタ。

ところが原作者の星野先生、ここにとんでもない爆弾を仕掛けていた。

「焼肉塩牛」に集まったさくら商店街の面々、カレー専門店をオープンさせるという男、花田の正体はまったくの料理素人。

さて星野先生が用意した爆弾とは・・・、まさかまさかの「包丁人味平」(原作・牛次郎 作画・ビッグ錠)インスパイア!

ゲンは脱サラでカレー専門店を計画しているという無謀男、花田にある指示を出したのが、それは強烈なイメージチェンジ。

20121208-2.jpg

髪の毛をモヒカンにして鼻マスク、この明らかに怪しいルックスでこれから伝説を創り上げるというのだが。

「カレー戦争」「花田」・・・この二つのキーワードから浮かび上がってくるのが、「包丁人味平」ブラックカレー編に登場した“カレー将軍”こと鼻田香作!

20121208-3.jpg

鼻田香作が開発した究極のメニュー“ブラックカレー”

20121208-4.jpg

ラスト“ブラックカレー”の開発で精神的にハイになってしまった鼻田香作。

20121208-6.jpg

「包丁人味平」において、アメリカ帰りの実業家・マイク赤木がオープンさせた高級カレー専門店、インド屋、そこを任されたのが鼻田香作だったのが、そのルックスは「解体屋ゲン」に登場した花田とうり二つ。

笑った・・・、死ぬほど笑った・・・、まさか「解体屋ゲン」と「包丁人味平」がコラボレーションする展開が起きると誰が予想しただろうか!

今回のストーリーは全3話構成らしいが、北口と南口でカレー専門店競争をするというのは「包丁人味平」そのまんま。

北口・白銀屋デパート「インド屋」(鼻田香作) VS 南口・大徳デパート「アジヘイ」(塩見味平)

北口・「スパイス一番」(チェーン店) VS さくら・花田(脱サラした料理素人)


いったいどんなカレーバトルが巻き起こるのだろうか・・・正直怖い、もしかしたら禁断の奥の手をゲン、小雪が使うかもしれないからだ。

鼻田香作の開発した最強メニュー「ブラックカレー」その美味さは・・・

麻薬入りカレー!!

20121208-5.jpg

時代が時代だから許されたギリギリのオチ、それを踏襲することはあるのだろうか。

「解体屋ゲン」のカレーバトル、目が離せない超絶面白さです。
スポンサーサイト
Date: 2012.12.08
Category: 解体屋ゲン
Comments (0)Trackbacks (0)

この記事へのコメント:


管理人のみ通知 :

トラックバック:


最新記事
ブログ過去記事検索
カテゴリ
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
QRコード
QR
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

肥満のメカニズム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。